ビットコインキャッシュとはアルトコインの一種で、ビットコインから「分裂」した仮想通貨です。

 

ちなみに、アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

 

ビットコインキャッシュ

 

そもそも、ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインの開発者達と、マイニングしている人たちの間での争いで、ビットコインから「分裂」して、できた仮想通貨です。

 

ビットコインキャッシュの値動きは、

ビットコインキャッシュ

出典元:ビットフライヤー

 

ビットコインと同じような値動きとなっています。

 

ビットコインとの違い

 

ビットコインとの違いですが、もともとはビットコインからの分裂した仮想通貨なので、総発行枚数2100万枚、ブロック生成時間10分など、同じところは多いです。

 

では、違いですが、一番は、ブロックサイズが違います。

 

ビットコインは1Mで、ビットコインキャッシュは8Mです。

 

ブロックサイズとは、ビットコインの取引台帳のデータ容量です。

 

分裂のきっかけとなったのが、スケーラビリティ問題なので、このところが、大きく違うところです。

 

スケーラビリティ問題とは、ビットコインは、取引のデータを格納するブロックが10分に1つ作られ、それをマイナーと呼ばれる人が承認することによって、取り引きが成立する仕組みになっています。そのブロックが繋がっていくので、ブロックチェーンと言われますが、ブロックは1MBと決まっています。ただ、近年、取引量などが多くなり、ブロックの生成が間に合わず、取引が承認されなかったり、手数料が高騰するという問題が生じました。このことを、スケーラビリティ問題と言います。

 

ビットコインキャッシュの取引所(販売所)

 

取引所=買いたい人と、売りたい人のマッチングの場で、販売所=仮想通貨の売り場という風に、違いがあるのですが、ここで紹介するのは、イーサリアムを取り扱っている会社という風に理解してください。