ストックビデオ

ストックフォトサイトで、ストックビデオ(動画素材販売)しようと思うと、ストックフォトサイト各社で、動画の受け入れフォーマットが違うので、動画コーデックで、迷いますよね。

 

動画の受け入れが、ストックフォトサイトによって、HD画質までだったり、4KまでOKだったり、コンテナが、MOVのみだったり、MP4がOKだったり、60秒までOKだったり、ファイルの大きさが4GBまでだったり・・・ほんと、ストックフォトサイト各社、動画の受け入れフォーマットがバラバラです。

 

今回、主要ストックフォトサイト5社の、動画受け入れフォーマットを、まとめてみたので、参考にしてみて下さい。

 

私は、SONYα6500のミラーレスで撮った動画を、Adobe Premire_Pro CCで、コーデックしています。

 

ストックフォトサイト各社、動画の縦素材が受け入れNOのところもあれば、推奨している所もありますし、サイト上で、直接アップロードできる会社もあれば、ファイルアップロードソフトを使わなければいけないところもあったりと、ホントややこしいです。

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

ストックビデオの各社受け入れフォーマット

解像度 コンテナ サイズ 時間 フレームレート コーデック
PIXTA ~HD mov ~2GB 5~60秒 23.98fps、24fps、25fps、29.97fps、30fps、59.94fps、60fps Photo JPEG、Motion JPEG A/B、H.264、ProRes 422 HQ、ProRes 422
Adobe_Stock ~4K MOV、MPG 、MP4 、AVI ~3.9GB ~60秒 23.98fps、24fps、25fps、29.97fps、30fps、59.94fps、60fps 推奨:ProRes、H.264、利用可能:MPEG 2、MPEG 4、Motion JPEG (MJPEG)、PNG
gettyimages ~4K mov ~5GB Photojpeg、Apple Prores 422 HQ
Shutterstock ~4K mov ~4GB 5~60秒 ProRes、Photojpeg、H.264
MotionElements ~4K mov、mp4、mxf、mts、m2ts ~4GB 3~120秒 24fps、25fps、29.97fps、30fps Quicktime Animation、Motion JPEG、DVCPro HD、AVCHD、AVC-Intra、XDCAM、XDCAM IMX、Avid DNxHD、Apple ProRes 422、Apple ProRes 4444、Accepted Codecs:.mov files、Quicktime Animation、Quicktime PNG、Without Alpha、.mov files、Quicktime Animation、Motion JPEG、H.264.mp4 files、H.264

※注記です。2018/9 記事執筆時点の現状です。

PIXTA

ストックビデオストックビデオ

出典元:写真素材【PIXTA】

Adobe_Stock

ストックビデオストックビデオ

出典元:Adobe_Stock

gettyimages

ストックビデオストックビデオ

出典元:gettyimages

Shutterstock

ストックビデオ

出典元:Shutterstock

MotionElements

ストックビデオストックビデオ

出典元:MotionElements

まとめ

 

私は、Adobe_Stockと、MotionElementsへは、SONYα6500で撮影した4K動画データを、そのまま、アップロードしています。

 

gettyimagesと、Shutterstockへは、Adobe Premire_Pro CCで、MOVコンテナに、Photojpeg 4K(3840×2160) コーデックして、アップロードしています。

 

PIXTAへは、Adobe Premire_Pro CCで、MOVコンテナに、H264 HD(1920×1080) コーデックして、アップロードしています。

 

MotionElementsと、gettyimagesへは、直接アップロードできるので、動画ファイルを、ドラッグ&ドロップで、サイト上でアップロードしていますが、Adobe_Stock、Shutterstock、PIXTAへは、アップロードソフト(FTP)のFileZillaを使って動画素材をアップロードしています。

 

Windowsで、Adobe Premire_Pro CCを使っていますが、Macでないので、ProResコーデックができません。しかも、最新のアップデートをすると、今までしていたコーデックができなくなり、動画素材受け入れフォーマットにできなくなってしまいました。

 

現在は、Adobe Premire_Pro CCをダウングレードさせて、使っています。

 

アップデートしてしまっても、以前のバージョンに、ダウングレードができますので、Windowsで、Adobe Premire_Pro CCを使って、動画素材を扱っている人は、以前のようにできなくなったと思っても、大丈夫です。ダウングレードすれば解決します。

 

ダウングレードの方法は、ストックビデオ用の動画を、WindowsのPremire_Pro で編集できなくなった人への記事で詳しく手順を書いています。

 

参考にしてみて下さい。